2008年7月17日 (木)

交通事故による後遺症

2年前に、かなりの重傷を負うような交通事故に遭遇。

上体を後ろに反らすと背部に痛みが生じるとのことで、治療前に後ろに沿ってもらうと、痛みであまり後ろに反らせることができない様子。

バレエの稽古をされているが、交通事故以来、後ろに足を上げる動作があまりできなくなったとのこと。

背部の緊張度を検査してみると、力を抜いているが、筋肉が緊張しているのを感じる。

心身条件反射療法にて病的条件づけ神経系機能異常筋肉系異常緊張症状の原因を検査した。

事故直後の「視覚的イメージ」、「聴覚的イメージ」で反応。

救急車で病院に転送された時の処置での「身体感覚のイメージ」で反応。

救急医療室では色々と質問されて、顔面骨折や外傷の怪我のことよりも、背骨の痛みが強くて声が出なかったとのことで、それを分かってもらえなく辛い思いをしたらしい。

手術がすぐにできなくて、歯にマウスピースを入れたままにして、とても辛い思いをしたこと。

術後のボルトを抜きた時の痛み。

手術のための気道確保を外科的に行い、その先に残存した脱脂綿を取る時の痛み。

などの再現イメージで病的な条件反射反応が示されていた。

心身条件反射療法にて、これらの交通事故に関連した病的な条件づけを生理的な条件づけに切り替える施術を行った。

施術後、上体を後ろに反ってもらうと、施術前よりもスムーズに後ろにそれる様子。

「わっ」という声とともに喜ばれていた。

初回の治療後3日目に、二回目の施術に来られた。

施術後はとても良かったが、家に帰ると元に戻ったとのこと。

初回ほど背筋の緊張はないが、うつ伏せから背筋の動きをしてもらうとあまり伸展ができない状態。

前回の「緊張パターン」を調べてみるとほとんど反応を示さない。

前回の施術後、家に帰って症状が戻った状態から原因を調べてみると、病院でのリハビリ施術の反応がでた。

リハビリで何回も同じ動作をすると、少しは可動域が増すが、家に帰ると元に戻るという状態を繰り返していたというマイナスの学習効果。

さらには効果がなかった病院での牽引療法やブロック注射などのイメージが「緊張パターン」を示していた。

また、視覚的には病院で見せられた圧迫骨折のMRI画像や聴覚的には担当医によるネガティブな予測。

患者さんがこの痛みは治りますかと尋ねると、「痛みは残るでしょう」とか、「治らないでしょう」などと言われたらしい。

ちっと信じがたい話だが、以前治療させていただいた、交通事故による脊椎圧迫骨折の患者さんも、同じように「痛みが出てきますよ」というようなことをはっきりと言われたらしい。

「痛みが善くなるかどうかは分かりません」と答えてくれるのならまだしも、病院では「痛みや違和感が残る」が当たり前かのようなに聞こえる。

西洋医学的には、このような痛みの治療には限界があるので、このように答えるのはいたしかたないことなのか?

患者さんのために痛みを予測しておいてあげた方が良いという理屈があるのかどうかは分からないが、医学的な知識のない患者さんは、明らかいにその言葉を信じて、「緊張パターン」を引き起こしている。これは医原的な痛みといっても過言ではないのではなかろうか。

そのような意味で、医療従事者は、信頼関係が深いほど、信頼してくれている患者様への言葉には注意を払わなければならないし、決めつけたような刷り込み的な言動は極力避けるべきだろう。

このような刷り込みによる「緊張パターン」を心身条件反射療法にて「リラックスパターン」に切り替えた後、患者さんに再度、背骨を伸展してもらった。

患者さんは「全然痛くないです」と喜んでいただいた。

もしも、心身条件反射療法に出会わなければ、真面目な患者様は、権威のある医師の言葉を信じ込んで、長い間、痛みを抱えたままになるのが当たり前だと思い続けていたかもしれない。

| | コメント (0)

2008年7月15日 (火)

頸肩腕症候群

Kennsakigu 1つか月前より右手に力が入らずに、仕事で文字を書くことが困難になったとのこと。

整形外科を受診した後、鍼灸マッサージ院にて鍼治療を受け、局部の痛みは回復したものの,施術後の微熱と全身のだるさで夕方から寝込んだらしい。

お仕事も休職されて、会社から「退職」の言葉も出て焦って困られているとのことで来院。

理学的な検査では、首の運動時痛、右肩関節痛。

握力検査では、

34 ポンドに対し、右25ポンド

中指力検査では

9.5ポンドに対し、右2.5ポンド

明らかに右の握力と指力が弱い。

アクティベータ治療と心身条件反射療法(ニューロパターンセラピー)後、

握力検査では、

34 ポンド→41ポンド

25ポンド→34ポンド

中指力検査では

9.5ポンド→8ポンド

2.5ポンド→7ポンド

首や肩の痛みも改善され喜んでいただいた。

二日目に来院されて施術後に検査をしてみると、運動時痛はほぼ改善。

握力検査では、

35 ポンド

31ポンド

中指力検査では

7ポンド

7ポンド

握力、指力ともに、左右差がかなり近づいた検査結果がでた。

一回目の治療後に家では文字もかけたとのことだったが、仕事で大丈夫か心配の様子だった。

一回目の検査では、視覚的に仕事現場で「緊張パターン」の反応があり、二日目の検査では、仕事現場で聴覚的な「緊張パターン」反応がでていたので、心身条件反射療法にて施術を行った。

2回ほどの治療でかなり改善されたので、ご本人も安心されている様子。

本質的な原因がわかれば治りも早い。

| | コメント (0)

2008年7月 6日 (日)

膝の痛みと関節音と信頼関係

メンテナンス的に通院して下さっている患者さまでが、昨日、スポールクラブで膝の周辺のストレッチを行っている際に、膝から「ボキッ」という音が鳴り、その音と同時に痛みが生じたとのことで、足を引きずりながら来院。

膝の軽い曲げ伸ばしや膝関節へのストレスなどの検査で痛みが再現される。関節が動いたと思われる付近にも強い圧痛があった。

心身条件反射療法にて検査をしてみると、ストレッチをする前の「緊張パターン」、ストレッチをしていた時の「緊張パターン」、そして、「ボキッ」と音が鳴った時の瞬間、障害を受けた後などで「緊張パターン」が示されていた。

また、そのような「関節音」を聞かされると、通常は、関節が「ずれた」、「外れた」などの錯覚を受けやすい。

そのような「関節がズレている」というイメージを患者様にしてもらうと、やはり「緊張パターン」の原因になっていた。

関節周辺には強い圧痛はあったが、腫れがあまり出てい様子なので、靭帯や関節包などの関節周辺の損傷はあまりないことが診て分かった。

しかし、一般の人は、このような大きな関節音と痛みが生じれば、関節がかなりずれたのではないかと思うだろう。

カイロプラクティックには様々な矯正法があるが、ボキボキ」鳴らす矯正法を受けると、一般の人は、ずれた関節が矯正されたと錯覚しやすいだろう。しかり、実際には、機械的なズレを調整したのでなく、機能的なズレを調整、すなわち神経系への刺激効果が主にした調整なのであるが、通常は、機械的なズレを正しい位置に矯正してもらったと錯覚しやすい。

その錯覚によって、プラスの暗示効果が得られれば、患者様のために良い成果が得られるのであるが、逆に今回のケースのような障害を受けた場合、その関節音による錯覚は、症状を長引かせる原因にもなりかねない。

今回の患者様は、一回の施術で、普通に歩けるようになり、4回目の治療後には、動きの速いエアルビックスに参加しても問題がないほどに回復された。

幸いにして、ファミリーカイロでは、本質的な施術を追及しているので、このような障害に対しても簡単に調整することが可能であるが、あれほどの痛みがあれば、一般的には最低でも1~2週間は安静にしてというのが常識になっているのではなかろうか?

早い回復に患者様は驚かれて、とても喜んでいただいた。

このような治療効果も、ファミリーカイロの施術を信頼して下さったことが第一で、もしも、信頼関係がなければ、あれほど痛みがあれば、病院を受診されただろう。

どのような施術も、まずは信頼関係が第一で、治療技術の高い低いは二の次になるだろう。

別の言い方をするとどんなに高い治療技術でも、信頼関係が保たれなければ効果は引き出され難いということになる。

患者様も最初は半信半疑で来院される患者様がほとんどであるが、患者様が強い信念のような固定概念を持ち続けていると、そこがネックになって、簡単に治る障害も治らない場合もある。

私を信頼して下さる患者様に心から感謝している。

| | コメント (0)

2008年7月 3日 (木)

手の震え

病院に勤められている患者さんが、2年ぶりぐらいに来院。

3日前より手が震えだして、注射をするのが怖くなったとのことで来院。

5日前に自転車で転んで頭を打ったので、念のためにCTの画像検査をしたが、異常はなかったとのこと。

両手を広げて見せてもらうと、両手指が明らかに震えているのが分かる。

検査をしてみると、ご主人と口論になったことや職場の人からの言葉などに過敏反応が生じていた。

心身条件反射療法の後、治療前の震えがほとんど消失して、喜んでいただいた。

このような震えの症状も、早期に治療すれば、すぐに改善される。

| | コメント (1)

2008年5月24日 (土)

寝違えの原因は、潜在的な「緊張パターン」

小学3年生の男の子が、寝違えて首を痛めたとのことで来院。

原因を調べてみると、運動会の組み体操のときの「緊張パターン」が原因となっていた。

特に組み体操を行なっているときに、首を捻ったというわけではない。

組み体操を行なっているときの「いやだな~」という潜在的な感情が「緊張パターン」として、脳にプログラムされ結果である。

恐らく寝ている間に、組み体操のことを潜在的に意識して、「緊張パターン」が再現され、朝起きた時に首に痛みがでていたというプロセスが予測される。

心身条件反射療法(ニューロパターンセラピー)でいやだな~という「緊張パターン」から楽しい姿の「リラックスパターン」に切り替えると、治療後は、ほとんど痛みが解消されて、喜ばれた。

一般的に、寝違えの症状があると、「枕が悪かった」とか、「寝る姿勢が悪かった」などを原因にしがちだが、それは本当の原因ではない。

なぜならば、人は寝るときは、無意識状態になるので、意識的に姿勢をコントロールすることはできないし、もしも、心地よくない枕や寝る姿勢であれば、心地良い状態に無意識にする習性をもっているのである。

寝違えの原因は、枕や寝る姿勢ではなく、潜在的なストレス感情、すなわち「緊張パターン」であって、寝ている間に、無意識に筋肉の緊張を生じさせた結果である。

このような本質的な原因が、まだ一般化せずに、多くの人が寝違えで本質的な治療が施されずに、しばらく苦しい思いをするのは残念である。

早く、この心身条件反射療法(ニューロパターンセラピー)を多くの医療関係者や一般の人々に伝えてあげたい。

| | コメント (0)

2008年5月23日 (金)

急性腰痛の原因はテレビのニュースから?

2年以上前に腰痛で来院されたことがある患者様が、3日ほど前より腰が痛くなったとのことで来院。

原因を調べてみると、四日前の人間関係に加えて、3日前に見たニュースのことで反応が示された。

3日前に見たニュースで何か感じたかとはなかったですか?

と尋ねると、最初は、いや、特にないですけどと、しばらく考えて、

「あ、中国の大地震のニュースが・・・・・」

と思いだされた様子。

その「緊張パターン」を「リラックスパターン」に切り替えるとかなり改善された。

その患者様は、日本赤十字の所属されている方で、数週間前にマレーシアでの勤務から帰国されたばかりとのこと。

ニュースを通じて、現場での大変さが伝わってくるらしい。

テレビのニュースがストレスになるなんてと思われるかもしれないが、そのようなストレスパターンも少なくはない。

偶然にも、今度の心身条件反射療法のセミナーで、チャリティー治療を行って、中国大地震の救援金の寄付がでればと、朝、思いついたところで、丁度、日本赤十字社のホームページを開いて、受付先を調べていたところだった。

何かに引き寄せられているのかなと感じた。

| | コメント (0)

2008年5月21日 (水)

クラリネット奏者のプレッシャー

前回ご紹介したクラリネット奏者の方が、5回目の施術を終えて、かなりの改善を実感さている様子。

特に症状が強かった第4指と第3指の引っ掛かりも改善され、スムーズさを取り戻していた。

症状の改善と並行して、以前反応を示していたストレス反応も消失していた。

今日は、前腕と首の痛み、と以前は訴えていなかった第2指のだるさを訴えていた。

原因を調べてみると、一ヶ月後に小さなコンサートがあるとのことで、それに向けて練習に励んでいるという。

今までの障害のブランクがあるので、練習をして早くもとのテクニックができるようにならなければという焦りもあるようだ。

その練習をしなければという焦りが「緊張パターン」の原因になっている様子。

彼は、母国では国立のオーケストラに所属するほどのレベルのクラリネット奏者なので、脳は高いレベルのテクニックをしっかりと覚えているはず。

練習しようがしまいが、それほど差は出ないだろう。

それよりも、「練習しなければ前のような演奏ができない」などの思い込みや、聞いてくれる聴衆のことばかりに意識が行き過ぎて、自分自身が演奏を楽しむことを忘れているパターンになっていた。

「まず、ご自分自身が演奏を楽しまなければ、聴衆を魅了することはできないのではいですか?」と投げかけると。

大切なことに気付かれた様子で、とても晴れやかな表情でファミリーカイロを出て行かれた。

| | コメント (0)

2008年5月19日 (月)

過去のトラウマが健康や人生のサイクルを乱す。

4年ほど前から首、腰、股関節、膝関節、足関節の痛みを生じる。また、首の肩の周辺にアトピー性の皮膚炎の症状がある。

過去、6か月間に、過呼吸、皮膚炎、ドライアイ、過敏性大腸炎などで入院もされていたとのこと。病院のほか、接骨院やカイロプラクティックなどでも施術を受けていたとのこと。

一回の施術の緊張パターンは、生活習慣の中の緊張パターンを診て施術を行った。

2回目の施術では、生活習慣の緊張パターンをほとんど解放されていたので、対人関係や過去の出来事での緊張パターンを特定した。

お父様、お母さま、お姉さまにそれぞれに緊張パターンを示しており、男性全般に対しても緊張パターンを示していた。

3回目の施術で前回の緊張パターンを再検査すると、ご家族関係では反応を示さなかったが、3年前の過去の出来事で緊張パターンを示していた。高校生の時、仲の良いお友達に彼氏ができて、お友達関係が悪くなったとのこと。それ以来、男性全般に対しても、緊張パターンを示している様子。

また、仕事に対しても、マイナスの情報がたくさんインプットされており、お父様の仕事ぶりやお姉様から聞かされている仕事に対するマイナス情報で、仕事=きつい、辛い、楽しくないなどの印象が刷り込まれている様子。

また、仕事に対して、マイナスの印象しか持っていないようで、定職にも就けず、未来のお友達とのつながりもなくなっていくような未来のマイナスのイメージがしっかりとできている状態。

このようなマイナスの思考パターンは、無意識的に知らず知らずのうちに強化され、身体の体調だけでなく、人生のサイクルをも狂わせている様子がうかがえる。

3回目の施術で、明らかにアトピー性の皮膚炎の症状が改善されているが、まだまだ根深い条件づけが隠されているようだ。

まだまだ、継続治療が必要だが、ある程度のパターンが見ててきたので、良い方向へ向かうだろう。

心身条件反射療法では、どの時点で「緊張パターン」が構築され、身体面や感情面の条件づけが生じたのが明確になるので、健康のみならず、人生への豊かさへの方向修正のお手伝いができる。

| | コメント (0)

2008年5月17日 (土)

隠れたストレス

首肩、腰、腕のコリがあるとのことで来院。いつもクイックマッサージでコリをほぐしているとのこと。

原因分析アンケートでは、長時間の同じ姿勢、運動不足、12年ほど前の交通事故などが思い当たる原因になるとのこと。

メンタル面的には何もストレスを感じることがないという自覚。

心身条件反射療法で、「緊張パターン」を検査してみると、次の講義の準備をしなくては、という「思考パターン」で反応が示された。

その他にも、過去の出来事や、未来に対してのストレス反応が示された。

様々なストレスが解放された後、施術前にあったコリ感や首回旋時の引っ掛かり感などが解消され喜ばれていた。

心身条件反射療法の施術ポイントもよく理解していただいた様子で、とても納得していただけた。

また、自分では自覚していなことが、ストレスになっていたということを改めて認識された様子で、「自分ではストレスはないと思ってはいなかったが、検査で改めてそのことを指摘されると、そういえば気にしていたかなということが分かり、自分では分からないものですね」と感想を述べていただいた。

このようにストレスをほとんど自覚していなくても心身条件反射療法で検査をすると、明確なストレス反応が示されることは多い。

世間一般的に「ストレス」とは、嫌なこと柄やいやな人、あるいは仕事上のプレッシャーや責任などの明らかに意識で感じられるものであると思われがちであるが、案外、身体に影響を及ぼしているストレスは、ご本人がほとんど意識していない事柄が多い。

逆にいえば、ストレスとして受け入れていないがゆえに身体に影響を及ぼしているといえる。

心身条件反射療法では、ストレスがないと認識されている患者様に対しては、特にストレスの因果関係の分かりやすい説明に心がけている。

なぜならば、ご本人がストレスがないといっているのに、根拠もなく「あなたのストレスが原因ですよ」など決めつけたように言うと、信頼関係を失いかねない。

ファミリーカイロでは、特に初診の患者様には、ビデオカメラで映し出される下肢長差が変化する様子をリアルタイムで見ていただいている。

緊張パターンのイメージをしてもらうと、下肢長差が不ぞろいになり、リラックスパターンのイメージをしてもらうと、下肢長差が揃うというように、心と身体との関係性を体感していただいている。

メンタル面が身体を緊張させているということは、説明だけでは納得し難いが、このように実際の変化を見ていただくと、ほとんど人が納得され、本質的が原因への気づきの第一歩となる。

| | コメント (0)

2008年5月15日 (木)

最愛の愛犬を亡くしてからの頸椎椎間板ヘルニア的な症状

頸部と左腕全体の痛みで来院。

病院では椎間板ヘルニアとの診断。

痛みが強いので、集中的に治療をされたほうが良い状態だが、お仕事の都合で、週に一回ほどしか来院できないとのこと。

最初の2回の施術では、ストレスパターンの内容はお話しされなかったが、3回目の施術の際に、3年ほど前より毎年、4月になると同じような症状がでているらしい。恐らく3年前に愛犬を亡くしたことが原因になっているのではないかとご自分からお話していただいた。

その後、愛犬を亡くされたことで、ご家族の関係性もうまくいかなくなったこともストレスになっているらしい。

愛犬を亡くされた時は、自分の子供を亡くしたかのようにすごく悲しかったらしい。

また、それ以来、家に犬の石像を置いて、毎日愛犬と会話をしているとのこと。

毎年四月に、同じような症状が出てくるということは、その時期のトラウマとして、「緊張パターン」が脳に記憶化されていることが予測される。

この深いトラウマの条件づけを開放させるには、脳に「リラックスパターン」を作るための新たな条件づけを構築させなくはならない。

ご本人にとってはとてもつらい内容なので、「リラックスパターン」を構築するには、できるだけ自分ではない他人事のストーリーとして、その映像を漫画的に作って、脳の柔軟性を高める必要がある。

心身条件反射療法では、強い感情(悲しみ)→脳・神経系への条件づけ→自律神経系・筋肉系への「緊張パターン」を「リラックスパターン」に転換する。

これは、現実から逃避するのではなく、現実を受け入れながら、新たな「思考パターン」を作って、脳をほぐしていく手法になるので、トラウマの内容によっては、慎重に進めなくてはならないが、患者様との信頼関係(ラポール)が構築されていれば、そのように導く手助けは難しいことではない。

この深いトラウマを一人で消化するのはとても困難であるが、心身条件反射療法によってうまく導いてあげれば、脳の柔軟性が高まり、トラウマは解消される。

このような症例で、多くの医療関係者や人々に気付いてほしいことは、症状の本質的な原因が椎間板ヘルニアではなく、深いトラウマであるという事実である。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧