« ブログの移転 | トップページ | 「楽しむ」は、健康と成功の最高のエネルギー »

2008年7月23日 (水)

男性不信による「緊張パターン」

腰や膝の首などの筋骨格系の症状に加えて、アトピー性皮膚炎の症状を治療して、大分改善されてきたが、まだ、首の周りに赤みが残っている。

原因を調べてみると、異性関係で過敏反応がでる。

以前の検査では、女性友達との関係のストレス反応もでていたが、現在では女性関係ではなく、男性全般で反応がでる。

現在、男性と交際しているわけではないが、男性と交際したいとうい願望もある。しかし、男性と交際するといいことがないだろうという矛盾も生じている様子。

男性と交際しているイメージを想像してもらうと、身体は緊張パターンを示す。

誰とは限らずに、「男性」というイメージを漠然としてもらっただけでも身体は緊張パターンを示す。

原因を調べてみると、幼いころに父親から暴力を振るわれたりして、父親に対してプラスのイメージがないようで、父親=男性=警戒というパターンが脳でプログラムされている様子。

父親不信による連鎖で、小学校や中学校でも男性から嫌がらせを受けた苦い経験があるとのこと。

そのような悪循環による緊張パターンをリラックスパターンに改善すると、アトピー性皮膚炎の原因の一つである「男性」での反応はなくなり、将来男性と交際をしているイメージをしてもらっても緊張パターンは示されなくなった。

このような男性に対する不信感は、過去のマイナスの経験から生じている。そして、そのようなマイナスの経験が強化され、全ての男性=不信というマイナスの学習効果が脳でプログラム化されているパターンである。

このようなパターンになると人生そのもの影響を及ぼしかねない。

この症例の患者様は、23歳の未来の可能性を秘めた女性なので、このマイナスの人生パターンをプラスに転換して、明るい未来を創り出してほしいと願う。

心身条件反射療法は、そのような脳の錯覚を修正して、人生を豊かにするお手伝いもできる

|

« ブログの移転 | トップページ | 「楽しむ」は、健康と成功の最高のエネルギー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログの移転 | トップページ | 「楽しむ」は、健康と成功の最高のエネルギー »