« 男性不信による「緊張パターン」 | トップページ | トラウマのアニメ療法 »

2008年7月24日 (木)

「楽しむ」は、健康と成功の最高のエネルギー

心身条件反射療法で本質的なプラスのイメージ(リラックスパターン)を創り出す際、「楽しんでいる」というイメージはとても重要な要素になっているようだ。

「~のために頑張らなければならない。」というイメージは、プラスのパターンになるかのように思えるが、潜在意識レベルでは犠牲的になるので、身体は緊張パターンになり、リラックスパターンにはならない。

そのようなメンタル面の影響を分かり易く反映しているのが、スポーツの世界である。

試合前や競技の前、あるいは、そのための練習などでも、楽しみながらスポーツを行うとの、頑張らなければという感じでスポーツを行うのでは、随分と脳の緊張度が異なる。

例えば、一度、試合で優勝すると、周りの期待などが絡んで、楽しんで試合に臨んでいたことから義務や責任で試合に臨むパターンに転換することは少なくはない。

「周りに期待のために頑張らねばならない」「前年度は優勝したのだから、今年も負けられない」というように挑戦者か守りに入るパターンになると、脳が硬くなり、筋肉が緊張して本来の実力が発揮できなくなるというケースは少なくはない。

そのパターンになると、「楽しむ」という原点が低下してしまう。

一般的に、スポーツ世界に限らず、「頑張ってね」「頑張ります」という言葉は、日常よく聞く言葉である。

その「頑張る」の言葉が、楽しみながら頑張るのであれば、「緊張パターン」は生じないが、潜在的に義務や犠牲、責任などで頑張る場合は「緊張パターン」を生じやすい。

人間は「楽しみ」が無くなると、無意識レベルで身体に緊張を生じさせ、本来のベストのパフォーマンができなくなり、「緊張パターン」レベルで運動を継続すると、怪我もしやすくなる。

心身条件反射療法のような本質的な原因を追究する施術を行っていると、人間にとって「楽しむ」ということは、スポーツの世界に限らず、ビジネスの世界でも最大のエネルギー源になっているように感じる。

「人生楽しいことばかりではない、時には犠牲になることも必要だ。」と考える人も少なくはないだろう。

ごもっともな考え方だと思う。

しかし、偉大な成功者は、色々な苦難を楽しんでいるかのようにマイナスを楽しんでいるのではないかと思う。

先日、たまたま見たテレビ放送で、海洋冒険家の堀江謙一さんが、波の力で進む「ウエーブパワーボート(波浪推進船)」でハワイ紀伊水道間約6000キロの単独航海(朝日新聞社後援)に挑戦して、成功された後の体験談話を聞いた。

そのインタビューで、珍しい鳥や夕焼けを見ることなど色々楽しいことはあるが、一番楽しいのは、嵐などのハプニングを乗り越えたときが一番楽しいと語られていたのがとても印象的だった。

また、堀江氏が語られていた「自然のエネルギーは止めようと思っても止められない」という本質的な言葉にも深く共鳴した。

世界的な成功者の中にガンジー、マザーテレサ、南アフリカ共和国のネルソンマンデラ等の偉大な指導者がいる。

彼らは、様々な困難を乗り越えてきているが、彼らはその困難をどのように受け止めたのだろうか?恐らく「犠牲」的なマインドはなかったのではなかろうか?

むしろ、その困難を乗り越えることに「楽しみ」を感じていたのではなかろうか?また、困難に活かされている自分に感謝していたかもしれない。

あなたを支配するのは出来事ではない。 出来事に対するあなたの見方が支配するのだ。」

―マルクス・アウレリウス(ローマ皇帝)―

とうい言葉があるが、様々な困難を乗り越える際に、単に犠牲や責任とうだけで行動するのと、その裏に喜びがあるというように、楽しんで乗り越えるのとでは、スポーツや仕事の能力や潜在的な力には大きな差が生じるだろう。

また、「日本資本主義の父」といわれる明治・大正期の大実業家、渋沢栄一氏の5代目の子孫にあたる渋澤健氏が、渋沢栄一氏の『論語』の研究から、行動を起こすとき、「知る」ことが大前提で、知るだけでなく「好き」であることが大事で、好きなだけの状態では、壁にぶつかったときに挫折をしてしまうかもしれないので、「楽しむ」ことが最も大事であると栄一氏が言っていると語られていた。

そして、健氏は、大成功した人と会うたびに、共通して「あぁこの人、めちゃくちゃ人生を楽しんでいるな」というオーラを感じるということも語られていた。月刊誌致知8月号P42~43

健康や病気の関係も同じで、人生を楽しんでいる人は健康的だが、人生を犠牲的に生きている人は病的になる。

頑張ることを決して否定しているわけではない、頑張るのも大切だが、自分のためにも楽しんで頑張ることがスポーツや仕事のパフォーマンスを向上するうえでとても重要な要素になり、引いては周りの人や社会を豊かにすることにつながるのだと思う。

|

« 男性不信による「緊張パターン」 | トップページ | トラウマのアニメ療法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男性不信による「緊張パターン」 | トップページ | トラウマのアニメ療法 »