« 「楽しむ」は、健康と成功の最高のエネルギー | トップページ | 「安心」と「挑戦」は表裏一体 »

2008年7月25日 (金)

トラウマのアニメ療法

Photo 腰、首、肩、頭などの症状で来院、メンタル面のクリニックにも通院されており、過去のトラウマが原因になっていることは自覚されている様子。

身体のバランスも少しずつ改善されてきた4回目の治療にて、ご自身の方からトラウマの改善を相談された。

患者:「過去のトラウマのことを考えると、左手首を切りたくなるのです・・・・」

保井:「では、その3年ぐらい前の出来事が身体に影響を及ぼしているかどうか検査してみますので、その場面をイメージしてもらえますか?」

患者:「はい・・・・・」

保井:「身体は、緊張反応を示していますね」「では、その過去の出来事の映像をプラスのイメージに修正したり、プラスに受け止めている自分に置き換えたりできますか?」

患者:「・・・・・・・」

保井:「おそらく、つらい出来事だと思うので、そのマイナスの出来事をアニメやコメディー、あるいは動物などに例えて、その映像からプラスのイメージを敢えて創ってもらえますか?」

「この施術の目的は、脳に柔軟性を付けて、新しい神経経路を創ることが目的ですので、ゲーム感覚でマイナスの映像をプラスに変えてもらえますか?」

「現実の出来事をあえて歪曲させるので、自分に嘘を付いているかのような感覚になるかもしれませんが、施術のために、敢えてそのストーリーをご自分の都合のよいよう創り替えてもらえますか?」

患者:「はい、分かりました・・・・」

保井:「いいですね。そのイメージですと、マイナスのパターンからプラスのパターンに身体は切り替わっていますよ」

「今のは視覚的なイメージでしたが、言葉や話などの聴覚的なマイナスのイメージもなかったですか?」

患者:「ありました。」

保井:「では、その言葉や話も含めてマイナスのイメージとプラスのイメージをしてもらえますか」

患者:「はい、分かりました。」視覚と聴感覚を含めたイメージを行う。

保井:「では、そのマイナスとプラスのイメージで施術してみましょう。

心身条件反射療法を施し、さらなる検査を行う。

保井:「トラウマの出来事をイメージしてもらうと、身体は、まだ、他の場面で「緊張パターン」を示すようですが、他にマイナスの場面はありますか?」

患者:「はい、あります。」

保井:「では、そのマイナス場面をイメージしてみてください」

患者:マイナスのイメージングをする。

保井:「そのイメージで身体が緊張反応を示しますので、再度、それをプラスに変えてみてください」

患者:プラスのイメージングをする。

保井:「はい、いいですね。」「それでは、そのマイナスのイメージとプラスのイメージで施術してみましょう」

心身条件反射療法を施し、更なる検査を行う。

保井:「身体はまだ、そのトラウマの出来事で『緊張パターン』を示していますので、まだ、他のマイナスの場面があると思いますが、他にありませんか?」

患者:「はい、あります。」

保井:「では、そのマイナス場面をイメージしてみてください」

患者:マイナスのイメージングをする。

保井:「そのマイナスのイメージで身体が緊張反応を示しますので、それをプラスに変えてみてください」

患者:プラスのイメージングをする。

保井:「はい、いいですね。」「それでは、そのマイナスのイメージとプラスのイメージで施術してみましょう」

心身条件反射療法を施し、検査をする。

保井:「トラウマの出来事のイメージでは、もう緊張反応を身体は示していないようですが、他に思い当たる辛い場面はありますか?」

患者:「いいえ、ありません」

保井:「トラウマの出来事の検査では、3つの場面が「緊張パターン」を示していましたが、その3つの場面はつながっていますか?

患者:「はい、つながっています」

保井:「では、その三つの場面をつなげて、映像を進めて、その映像が終わったら、その映像を逆戻しにして最初の映像に戻してもらいますか?」「深呼吸をしながら、ゆっくりとご自分のペースでイメージングして下さい。」

患者がイメージングを行っている間、心身条件反射療法を施す。

保井:「はい、いいですね。過去のトラウマの実際のイメージをしても身体は緊張パターンを示しませんね」「身体の緊張反応による症状は取れたようですが、気持ちにも変化はどうですか」

患者:「いいですね。」

保井:「ちなみに、その過去の辛い映像は何に例えてイメージされましたか?」

患者:「動物です」

保井:「なるほど」「施術後は脳に柔軟性が付いて、新たな神経回路網ができているはずですから、ご自分でも今日のイメージを復習して、その神経回路を強化してみてください」

患者:「分かりました」

この施術は10分ぐらいで終わる施術だが、文章で書くと結構長く感じる。

この施術のポイントは、過去のトラウマによる脳の「緊張パターン」、すなわち様々な症状を引き起こす神経回路パターンとは別の神経回路パターンを作ることが目的になる。

過去の辛い出来事をイメージしても脳が過敏状態にならないように、新たな「リラックスパターン」の神経回路を作ることができるように、できるだけ、ゲームや遊び感覚で行うのが大切ポイントになる。

過去のトラウマを切り替える際に、「心を入れ替える」ことや「自分の性格を変える」などの精神論的なことで諭しても逆効果になる。なぜならば、トラウマとして脳にプログラムかされるような人は、頭がいい人が多いので、そのようなことは理屈ではすでに分かっている人がほとんどである。

変えるのは頭ではなく、感覚を変えることが重要になる。

辛い出来事をまともにイメージすると、脳をその時を再現して、時にはパニック発作を引き起こしたりすることもあるので、十分に注意を払うことが必要になる。

しかし、心身条件反射療法をうまく使えば、辛いトラウマもゲーム感覚でプラスに転換することが可能になる。

|

« 「楽しむ」は、健康と成功の最高のエネルギー | トップページ | 「安心」と「挑戦」は表裏一体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「楽しむ」は、健康と成功の最高のエネルギー | トップページ | 「安心」と「挑戦」は表裏一体 »