« 花粉症の治療効果 | トップページ | 肌荒れがすっかり良くなりました。 »

2008年2月26日 (火)

両ひざの痛みの原因は、外傷による条件づけから

小学5年生の空手の稽古生が両ひざに症状を訴えて来院。

整形外科の診断では、たな障害とのこと。症状がなかなか改善されずに来院。

原因を調べてみると、2年ほど前にサンドバックを強く前蹴りした後に強い痛みを覚え、それ以来ちょくちょく痛みがでてきて、現在では、普段の稽古や階段の上り下りでも痛みが生じていたらしい。

治療前に蹴りをしてもらうと、両ひざの痛みが再現される。

条件反射の検査をしてみると、過去のサンドバックによる外傷が条件づけされている。

心身条件反射療法によって、過去のマイナスのイメージをプラスのイメージに変えて施術すると、左はほとんど痛みがなくなったが、右がまだ残っている様子。

さらに検査してみると、外傷後の痛みをかばう動作が条件づけされて、二次的な痛みの原因になっていた。

その原因治療を施すと、さらに右の痛みが改善されたが、もう少し違和感が残っているとのこと。

さらに原因を調べてみると、今度の大会や審査のことがストレスになっている様子。その原因治療を施すと、ほとんど痛みが消失した。

このようなスポーツ障害は、痛みの原因となる「緊張パターン」と特定して切り替えると、改善が早い。しかし、肉体の構造ばかりに目を向けると、的外れな治療になりはなかなか治らない。

|

« 花粉症の治療効果 | トップページ | 肌荒れがすっかり良くなりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花粉症の治療効果 | トップページ | 肌荒れがすっかり良くなりました。 »