« 鼻炎と深い悲しみ | トップページ | 手足口病 »

2006年7月11日 (火)

目、首、肩の痛み&アルコール依存症

目や首、肩の痛みが強くて通院されている女性が、治療をする度に症状改善されることを実感されて、他の問題も改善されるのではないかと悟られたのだろう。実は数年前からアルコール依存症で悩んでいるとのこと。

毎朝、朝の4時ごろ目がさめて、アルコールを飲み、それから眠れない日々が続いているという。

検査をしてみると、ご主人との関係や主婦業に対するストレス感情が隠れていた。

ご主人に対してのストレスは、「できるだけご主人にその本音の感情を話されたほうが良い方向へと改善されますよ」とアドバイスさせていただいた。しかし、ご主人に本音を語ると、ご主人との関係がもっと悪くなるのではないかという不安からなかなか言い出せないとのこと。

その後、何度か躊躇して話す機会を逃したとのことだったが、思い切ってファミリーカイロで分析された本音の感情を話され、その不満に加えて、離婚しなければならないかもしれないという不安もあったが、どんなに生活が貧しくなろうとも、死ぬまで一緒に暮らしていきたいという覚悟も涙ながらに話されたとのこと。

すると今までストレスを紛らわすために飲んでいたお酒が、不思議なくらいほしくなくなったとのこと。そして、ご主人の態度も変わり、いつもの建前的な電話の声とは異なり、電話の向こうでもご主人の声が弾んでいるのがわかるという。

アルコール依存症を対象にした病院にも相談したが、カウンセリングと薬で調整も可能だということだった。しかし、薬で治療するというところが怖くて、そこには行かなかったとのこと。結局、ファミリーカイロで完治することができ、「この治療法はすごいですね」とご本人も驚かれていた。

ストレスが明確になり、開放されることにより、今までぶり返していた目の痛みや痙攣もほとんどなくなり、潜在的に隠れていた心の影響がいかに体に影響を及ぼすかということを体験され、感動し、とても喜ばれていた。

体の改善のみならず、ご夫婦の関係も修復され、生き生きされている様子を見させていただけると、このような人生の方向修正のお手伝いをさせていただける我々もとてもうれしく思い、ライフコンパス(生命の羅針盤)の目的が実際の現場で達成された喜びを深く感じさせていただいた。

ご夫婦の関係も良くなり、「主人も先生にはとても感謝しています」といってくださるが、我々の治療法を信頼していただき、アドバイスを素直に聞いた下さったことに感謝、感謝である。

臨床現場でいつも感じることであるが、体の症状のみならず、人と人との関係性をも改善する気づきを得ることができるこの治療法をもっと多くの人に知ってもらわなければならないとつくづく感じさせられる。

|

« 鼻炎と深い悲しみ | トップページ | 手足口病 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鼻炎と深い悲しみ | トップページ | 手足口病 »